ジュエリーを好きになったのは…1

私が田舎(青森)から東京に出てきたのは、洋服が大好きでしたのでファッション関係の仕事に就きたいと思っていたからです。洋服を作ったり、商品管理など…。大好きな洋服に関われるなら幸せだなぁ…と思っていました。販売という職種にあまり興味はありませんでしたが、洋服と一番近いのは…と考えて販売スタッフとして勤務していました。

アパレルの販売員として働いたのはイタリアブランドが多かったです。イタリアのブランドはどのブランドも色使いが綺麗で見ているだけでも楽しいデザインの洋服が多かったです。当然、販売しているのは洋服だけではありませんでしたので、洋服に合わせたアクセサリーやバッグ、靴もありました。

その当時はジュエリーと呼ばれるものよりも、アクセサリーの方に興味がありましたので良く買っていたと思います。

はじめまして!

Naomi JEWELRYのNaomiです。

私がデザイン、製作をしているハワイアンジュエリーの事などを少しずつですが書いていこうと思っています。

掲載しているリングタイプのネックレスは、シルバー素材にK18コーティングを施したものです。ボリューム、存在感がありますのでワンポイントにおすすめです。